勉強はとても大事です|小型犬用のハートガードプラスも今では出てくるようになりました

勉強はとても大事です

水と薬

そもそもフィラリアってなんなの?といった疑問がある人も多いでしょう。
特にペットを飼い始めたばかりの人だったらフィラリアのことなんてまったく何も知らないところだと思います。
そこで今回はフィラリアのことをちゃんと理解してもらうためにも、基本となる仕組み部分から教えていきましょう。

まずフィラリアというのは主に「犬」に感染すると言われています。
たまに猫にも感染することがありますが、多くの場合は犬になるでしょう。
フィラリアが感染する上で特にキーポイントとなるのがずばり「蚊」の存在です。
蚊といえば身近にはヒトスジシマカやアカイエカがよく見かけますが、このどの蚊にもその体内にはミクロフィラリアが潜伏しています。
つまり蚊が犬の血液を吸う際にそのミクロフィラリアが体内に侵入するので、100%この侵入を防ぐことは難しいと言えるでしょう。
ミクロフィラリアは主に夏場のような温かい時期に脱皮を繰り返し成長するので、温かくなってきたと思ったら絶対にフィラリアの感染には注意しておく必要があります。

ただ侵入は防げなかったとしても予防薬を使うことでフィラリアの駆除は行えますから、ペットを飼っている人は間違いなく予防薬が必需品となるでしょう。

今は味付けされている錠剤タイプのものだったり、あとは滴下するだけの予防薬も売られていますので、自分のペットが嫌がらない方法でフィラリアの予防をしてみてほしいと思います。
ちなみにおすすめなのは食べるタイプの予防薬です。
滴下するタイプの方は暴れてしまう犬もいるので、もしこちらを選んでしまった人は手伝ってくれる人がいるときに使うようにしましょう。